広告

初めての切り絵☆作り方

初めての方へ(パート2)切り絵に必須!基本的な材料3選

更新日:

広告

こんにちは。Tomokiです。

今回は切り絵に必須の、基本的な材料を紹介します。

必須の材料は下の3つです☆

①図案

②色画用紙

③台紙

それでは早速紹介していきます。

①図案

図案とは、「切り絵の下書き」のことです。

コピー用紙にプリントされた下書きを用意します。

図案は必ずしも自分で描く必要はありません。のちのち「自分でも描けるかな」と思ったら程度で十分です。

それでどうすればいいかというと、図案は当サイトからダウンロードしてプリンターでコピーできます。

初心者の方向けの図案はこちらから無料でダウンロードできます

また、図案の本を買うという手もあります。(クオリティが高い図案が手に入ります。)

是非チェックしてみてくださいね。

②色画用紙

切り絵本体になる画用紙です。

画用紙の色は、最初は黒にしておいたほうが良いです。

紙の厚みは、「普通に売っている、普通の色画用紙」を選べば、その厚みで問題ありません。(参考として、標準の厚みは0.250mm前後です。)

コピー用紙くらいのペラペラな紙ですと切りにくく、失敗します。

逆にボール紙のようなぶ厚い紙は・・・当たり前ですが切れませんね。

↓色画用紙に図案を乗せたところの写真です。

・白の厚紙(台紙)

↓切り終えて穴空き(=切り絵)になった色画用紙を、白色の台紙に糊付けして完成させます。

台紙としておすすめなのは

・白い画用紙

・工作用の白い厚紙

・白のスケッチブック(紙が分厚めのもの)

・色紙(しきし)

などです。

コピー用紙のようなペラペラの紙はNGです。ノリでふにゃふにゃになってしまします。

必ず厚めの紙を用意しましょう。

筆者は、少し紙が分厚めのスケッチブックを利用することが多いです。

最後に

切り絵に必要な材料を紹介しました☆

お家に色画用紙や厚紙があった方は、使えそうなら使ってください!

近所のホームセンターや街の文房具屋さんなどでも揃うと思います。

筆者の場合は、ネットで取り寄せることが多いです。一番確実に、欲しい商品が手に入って、やりたいと思ったときにすぐ取り掛かれるので助かります。街の文房具屋さんは遠いのでなかなか行けません。便利な世の中です・・・。

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次の記事は「切り絵の図案を用意する方法」を紹介します。

広告

-初めての切り絵☆作り方

Copyright© 切り絵の作り方 ウェブマガジン , 2019 All Rights Reserved.