広告

切り絵の図案の描き方 必見☆切り絵のコツ

切り絵の図案(下絵)の描き方

更新日:

広告

こんにちは。Tomokiです。

今回は図案の描き方を紹介していきます。

サイト内でも何度かお伝えしていますが、図案を必ずしも自分で描く必要はありません。多くの方に切り絵を楽しんでほしいからです。

自分で図案を描くのには、「絵を描くスキル」が少しいります。その時点で難易度がかなり上がってしまいます。せっかく切り絵を始めようと思ったのに「私絵苦手だし、切り絵やめた!」とは絶対なってほしくないです。

それを前提として・・・

「自分オリジナルの作品も作ってみたい!」

「私は絵がちょっと得意!」

「切り絵に慣れてきたし、一回自分でも描いてみようかな!」

「何事もやってみなきゃわかんないでしょ!」

という方は是非自分でも描いてみてください☆

自分で図案を描くメリット

自分で図案を描くメリットは

・インターネットや本などで図案を探さなくてよい。作品の幅が無限大に広がる。

・家族やペットなど、自分の大切なものを題材にした切り絵を作ることができる。

・旅先の景色などの自分の思い出を切り絵にできる。

・自分で図案を描くのは比較的難易度が高いので、自分への挑戦ができる。仕上がったときの満足度が高い。

などです☆

自分で図案を描くデメリット

デメリットは失敗する可能性が高くなることですが、私も失敗しまくって成長できたので(笑)めげない程度にどんどん失敗してレベルアップしてください。

前置きが長くなりましたが、写真付きで説明していきます。

↓今回はこの写真を切り絵にしていきます。

↓まず鉛筆で、上下左右のバランスを見ながら、大体のシルエットを描いていきます。

↓切り絵として成り立つかどうか確認するため、ちょっとだけメイン(鳥)の細部を書き込みます。動物の場合、模様が複雑すぎるものは切り絵にするのが困難なこともあります。この鳥は大丈夫そうです。

↓メイン以外の部分を描きます。全体の構図を壊さないように要注意です。この図案は、葉と花を描き入れたら、少し左に構図が寄ってしまいました。幸い修正できる範囲なので、最後に修正します。元の写真の花を全部描くと、ものすごいボリュームの作品となってしまいますので、左手前の葉と花だけを図案化します。葉と花が描けたあと、鳥の最終書き込みをしました。

↓細マジックで写真のように縁取りしていきます。

↓縁取り線では切り絵にするには細すぎるので、太くします。黒くしたい部分をベタ塗りします。

↓葉っぱと花びらの区別がつきにくかったので、葉っぱは黒くしました。

↑↓足がいまいちだったので、修正テープで修正します。

↓足を修正しました。図案の時点なら何度でも修正が効くのも切り絵の長所です。

↓足の書き込みを行いました。そのあと、下書きの鉛筆を消しました。構図が少し左に寄ってしまったので、右側の外枠を少し左に攻め、バランスを取りました。図案上は右側の外枠だけ太いですが、実際切っていくとき、外枠の4辺の幅は等間隔にします。これで図案は完成です。

こちらもよかったら読んでみてください。サイト内記事:切り絵の枠の取り方

こちらで紹介した図案を切ってみたい方はこちら サイト内記事:無料図案~小鳥と花~

最後に

図案の時点でしっかり切る所・切らない所を決めておくのが重要です。図案の完成度はできるだけ高くします。図案の完成度が低いと、実際切っていくときに失敗する原因になります。上にも書きましたが、図案の時点では何度も修正できますが、切ってしまってからは修正がききません。

あと、図案は何枚かコピーしておくことをおすすめします。図案をとっておけば、失敗しても、またやり直せます。

参考になれば幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

広告

-切り絵の図案の描き方, 必見☆切り絵のコツ

Copyright© 切り絵の作り方 ウェブマガジン , 2019 All Rights Reserved.